海外ドラマのテンポの良さは、見ていてとても心地よいものだと思います。
ここのところ、海外ドラマにはまってしまい、レンタルショップでまとめて借りて来て、週末ゆっくり見るのが楽しみだったりします。
日本のドラマというと、10話から12話くらいのものが多いです。
しかし、海外のドラマは25話程度あるものが多く、複数のシーズンがあるものも多かったりします。
でも、基本的に1話の中で完結するスッキリとした展開と、ストーリーのメリハリがあってとても楽しいし、長いクールのものでも飽きずに見ることができます。
様々な伏線を巡らせて、クライマックスに大きな山を作る日本のドラマとは、かなり制作のスタンスが違うように感じたりします。
そして、一度慣れてしまうと、日本のドラマというのは、なかなか冗長で退屈に思えてしまいます。
ドラマがすべて同じように作られる必要はないでしょう。
日本でも、海外ドラマのようなテンポの良いものが増えてくれると、見る側の楽しみもふえるのになと思ったりします。